交通事故の被害者は早めに弁護士相談を受けるのが最善

交通事故に遭ってしまったら、まずは警察に届け出をします。

警察では検分を行いますが、事故に事件性がなければ民事の扱いとしてその後は不介入です。


そのため、事故の解決方法は当事者どうしで決めなくてはなりません。

この解決のための話し合いが示談交渉ですが、被害者になってしまった人にとっては仕事を休んだりけがの治療をしながらの加害者との交渉となり、心身ともに大変な負担となってしまいます。

Girls Channelの優良サイトならこちらで見つかります。

一方加害者は、契約している任意の自動車保険の示談代行特約を利用するので自分で示談交渉に臨むことがなく、立場的に楽と言えます。


保険会社と被害者の交渉では、被害者に賠償関連の知識がないことが多いので、保険会社ペースで話し合いが進んでしまうケースがとても多く見られます。



保険会社としては賠償金はできるだけ安い方がよいので、慰謝料なども安く見積もって提示し早期の示談を求めるのが一般的です。

被害者としては正当な賠償金を請求したいところですが、治療費の打ち切りなどを宣告され、正しい判断ができないままに保険会社の言う通りに示談に応じて損をする人が少なくありません。

示談で損をしないためには、交通事故に強い弁護士に相談して示談交渉の代理人を引き受けてもらうのが最善の対処です。

弁護士が交渉にあたれば、被害者が請求できる慰謝料やその他の賠償金を正当に算出して損のないように示談を進めてもらえます。



弁護士に相談するのは、交渉が決裂してからではなく交通事故に遭ったらなるべく早めがポイントです。

早めに弁護士に相談してアドバイスを受ければ、それだけ保険会社のペースにならず有利な解決が可能になります。