交通事故の解決では弁護士の先生に味方になってもらう

交通事故の示談交渉では、事故の当事者それぞれの過失分や損害内容、賠償金、慰謝料の金額などを決定して事故の解決を図ります。


示談交渉では、双方の言い分に食い違いがあったり感情的になってしまうことで交渉が決裂してしまうことが少なくありません。

また、加害者は任意保険に付加されている特約を使って保険会社に示談交渉を代行することが多いのでさらに交渉は複雑になります。
保険会社は交通事故の示談のプロですし、賠償金額はできる限り少なくしたい立場ですから安い金額で示談を提示してくるはずです。

ジョルダンニュース!を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

そのため、被害者に交通事故や損害賠償の知識がないと自分だけで交渉にあたろうとすると損をしてしまいがちなので注意が必要です。そこで、被害者は弁護士の先生にサポートしてもらうことで有利な示談交渉ができます。

相手の保険会社も、弁護士の先生が相手では保険会社ペースで交渉を進めるのは難しいですし、弁護士の先生が正当な賠償金額を提示すれば応じざるを得ないからです。

損害賠償の金額は、被害者がひとりで交渉するよりも弁護士の先生に示談の代行を依頼することで何倍にも上がることが少なくありません。


これは、例えば慰謝料の場合ですと弁護士基準で計算することで保険会社が提示する金額よりもかなり高い金額で請求することができるからです。



また交通事故で後遺障害が残ってしまうとその障害分の慰謝料もプラスして請求できますが、後遺障害の慰謝料を決定する要因となる認定等級についても、交通事故トラブルが得意な先生であれば再申請をするなどの方法で被害者にできるだけ有利になるように交渉してくれるはずです。