交通事故・弁護士に依頼

もし不幸にも交通事故で被害に遭われた場合、まずは相手方(加害者)の保険会社と交渉することになるでしょう。


残念なことですが、数年前に露呈された“保険会社の支払い渋り”があったように(政府の介入があり、そこそこは改善されたようですが)、保険会社はなるべくその支払を抑えようとします。


事故が原因で仕事が出来ず困っているのにもかかわらず、保険会社が真摯に向き合ってくれない、怪我が完治していないのに、治療の打ち切りと示談を迫ってきているが、あまりにも示談金(損害賠償金)が低すぎる。そんな時でも、そもそも専門知識がないと、保険会社が提示してきた金額が適切かどうかも分かりません。

そのような場合にはやはり、法律の専門家である弁護士に相談するのがよいでしょう。
交通事故と一言でいえども、その内容によって賠償額は違ったものとなります(物損なのか人身事故なのか、また怪我の程度による)。

大きな争点としては過失割合になりますが、日常生活においては聞きなれませんよね。



これは、どちらがどれくらい悪い(過失)があったのかということですが、お互いに証拠を出し合い、交渉することになりますが、個人でこれを準備するのには圧倒的に不利です。



更には、保険会社は自社に有利な交通事故の判例等を持ち出してきますので(保険会社には担当者にアドバイスするお抱え弁護士がいます)、こうなっては言われるがままですね。

しかし、不利な条件で泣き寝入りする必要はありません。

正当な主張で正当な賠償額を勝ち取る権利があるのです。

東京新聞ならこちらのサイトがオススメです。

弁護士はきっとその力になってくれるでしょう。