自動車任意保険には交通事故の弁護士費用特約がある

交通事故に巻き込まれてしまった場合、心身や所有する物に大きな損害を被ります。

この損害について、被害者には相手に賠償請求する権利が認められています。

損害賠償請求できる金額は、通院・入院の治療費、病院への交通費、休業損害、慰謝料、後遺障害分の慰謝料などいろいろな項目ごとに当事者どうしで話し合って決められます。

livedoorニュースの特徴につてをいくつか紹介しています。

交通事故の当事者どうしが、損害賠償はじめ解決策について話し合うのが示談交渉です。
示談交渉では、加害者の方からは契約している任意保険の会社の担当者が交渉にあたります。これは、任意保険に交通事故を起こしてしまい相手に対して賠償責任が生じた時に備えての示談交渉代行特約が付いているからです。

そのため実際には加害者の保険会社と被害者での示談交渉となり、安い賠償金に抑えたい保険会社のペースにより示談で損をしてしまう被害者が多くなります。

示談交渉で正当な賠償金を勝ち取るには、交通事故トラブルが得意な弁護士のサポートを得るのが最善です。
交渉相手が弁護士であれば加害者側の保険会社ペースで示談が進むことなく、内容も被害者が損をしないように弁護士が正当な賠償金を請求してくれます。



弁護士に依相談したり示談の代行を依頼するとなると、費用面が不安と言う人が少なくありません。



しかし、自動車任意保険には交通事故で被害者になってしまった時に備える弁護士費用特約が付いていることも多く、この特約を使えば相談費用が保険から補てんされます。