交通事故の示談交渉は弁護士に依頼で有利に進められる

交通事故に遭ってしまい、警察の検分が終わって事件性がないとなると、警察ではそれ以降の介入はありませんので事故の当事者どうしで解決することになります。

この解決のための話し合いが示談交渉で、双方の過失の割合や加害者が被害者に支払う損害賠償金を慰謝料も含めて決めていきます。

マイナビニュースを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

この話し合いにおいて、加害者は自分の自動車保険についている示談交渉の代行サービスを利用するので、保険会社に味方になってもらうのが一般的です。


被害者の方は、自分に過失がなく、相手に対する賠償責任がないと任意保険に契約していても示談代行サービスを利用すことができないのでその場合は加害者の保険会社対被害者での示談交渉となります。

保険会社は自動車保険における交通事故の損害賠償のプロですし、賠償金の支払いは極力抑えたいところですから支払う賠償金について安く見積もって提示してくるのが普通です。

被害者に交通事故や損害賠償の知識がないと、保険会社ペースで交渉が進められて安い示談金で合意してまったというケースが多々あります。

それでは被害者は損をしてしまいますから、交通事故の被害者になってもらったら弁護士の先生に味方になってもらうのが一番いい対処法です。



弁護士の先生が交渉にあたれば、加害者側の保険会社が安い示談金を提示してきても正当な金額で計算をし直して被害者が損をしないように交渉してもらえます。



弁護士の先生にサポートしてもらったことで、最初に被害者本人が交渉にあたり先方から提示された賠償金額が何倍にも上がることは決して少なくありません。