交通事故で早期に弁護士に相談するメリット

交通事故の被害者になってしまうと、何をすればいいのかわからない・どこで相談すればいいのかわからないということで多くの方が戸惑います。


交通事故で受けた被害について、警察が間に入って解決できると考える人がいますが、警察では事故の検分で事件性を認めなければ民事としてその後介入することはありません。
そのため事故の解決方法については双方の当事者が話し合って決めることとなります。



この話し合いが示談交渉ですが、けがや後遺症で支障があれば早期に交通事故問題が得意な弁護士の先生に相談するのが何よりの対処です。
それは、示談交渉では加害者は保険の示談代行サービスを利用するのでそのままでは保険会社対被害者の交渉となり、保険会社ペースで交渉を進められて不利になる可能性が高いからです。


弁護士の先生についてもらえば、保険会社の態度も変わって安い示談金の提示で無理を言われることがなくなります。

保険会社としては安い金額で示談として支払う賠償金を抑えたいところですが、弁護士の先生なら正当な金額で慰謝料や賠償金を計算して被害者に不利にならないよう交渉を進めてもらえます。

朝日新聞デジタルについて解説いたします。

例えば、慰謝料であれば保険会社は安い自賠責の基準で算出して提示してきますが、弁護士の先生なら弁護士基準を使って正しい金額で再交渉してもらえます。



相談のタイミングは、保険会社との交渉が決裂したり治療費用の支払いを打ち切られたなど困った状況になってからではなく、事故後できるだけ早めに電話相談などをしていれば役立つアドバイスがもらえて有利です。