交通事故弁護士の業務は被害者の受け取る賠償金の増額

交通事故の被害者は、被った損害分の金額を相手に請求することができます。これが交通事故の損害賠償請求で、治療費・休業したことによる損害・慰謝料・後遺障害が残ったことに対する慰謝料などいろいろな項目について賠償金を請求することができます。

この金額を決定するのが、加害者と被害者で話し合いをする示談交渉です。

示談交渉は加害者と被害者の話し合いですが、加害者は保険の示談代行サービスを使うために保険会社と被害者での話し合いとなります。



しかし、このままでは納得できない過失割合を示されたり、安い金額で示談を求められるなど被害者にとっては大変不利な内容で保険会社ペースの交渉が行われてしまいます。



これは、被害者としては交通事故で受けた損害分を正当に賠償して欲しいと考える一方で、保険会社としてはできるだけ安い賠償金で示談としたい立場にあるからです。

東京新聞情報の理解したいならこちらのサイトです。

そのため、慰謝料を例にとると一番安い金額で算出される自賠責保険基準をもって算出してきますが、実際にはもっと多くの慰謝料を請求できる弁護士基準があるため、保険会社の言う通りにすぐに示談書にサインをしてしまうのは大変な損です。

交通事故を専門に取り扱う弁護士の先生の業務は、被害者が受け取れる賠償金・慰謝料の金額を最大限にアップすることです。

慰謝料ならば保険会社の提示する自賠責基準ではなく弁護士基準で正当な金額を請求してもらえますし、後遺障害分の慰謝料についても傷害の認定等級の段階からサポートしてくれるので、慰謝料が何倍にも上がることも珍しくありません。