交通事故の示談交渉は弁護士の先生に相談で失敗しない

交通事故の示談交渉は、その事故のおける当事者双方の過失割合をはじめとして損害額と賠償金額、慰謝料などの金額を具体的に決めて交通事故の解決をするための話し合いです。


この交渉を被害者ひとりで解決しようとすると、失敗してしまうことが多いので要注意です。それは、交通事故の示談交渉では加害者は保険についている示談代行サービスを受けるため、実際の交渉は加害者サイドの保険会社と被害者の話し合いになるからです。



加害者の保険会社としては、損害賠償額は少ない方がよいため交渉では安い示談金を提示してくるはずです。

被害者に法律や自動車保険、交通事故の損害賠償に関する知識があればよいのですが、そうでないと保険会社のペースで交渉が進められ、けがや後遺症の治療によるストレスなどもあって被害者がすぐに示談に応じてしまうということが多々あります。
つまり、本当はもっと多くの賠償金を支払ってもらえるはずだったのが、保険会社のペースに巻き込まれて損をしてしまうことが多いということです。

OKWaveの有益な情報の紹介です。

示談交渉で損をしないためには、弁護士の先生にできるだけ早めに相談をしてアドバイスを受けたり示談交渉を代行してもらうのが一番の方法です。

実際に、弁護士の先生に間に入ってもらうことで最初に加害者側で提示した示談金が2~3倍にアップしたという事例がたくさんあります。



これは、弁護士の先生が交渉にあたることで過失割合や後遺障害の認定等級などについて被害者が損をしないように正当な中身で解決に導いてもらえるからです。