交通事故を弁護士に相談することで治療に専念できる

交通事故が起こると最初に警察の検分を受けますが、そこで事件ではないとされれば警察で介入することはなく報告書を作って終わりです。
そのため、その後の解決策については当事者の間で話し合いを行って決めていくことになります。



その話し合いの場が、交通事故の示談交渉です。交通事故の示談交渉では被害者が加害者に請求できる損害賠償額や慰謝料の額、それぞれの過失割合などを決めます。
過失割合というのは、事故の時にどちらにどの程度の不注意・落ち度があったかを示す割合です。
ここで、事故の当事者間の話し合いと言っても、実際には加害者側からは任意保険に契約している保険会社の担当があたります。そのため、そのままですと保険会社対被害者個人での示談交渉となります。

この交渉は、被害者にとっては大変不利です。

それは、保険会社は賠償問題のプロでできる限り賠衣装金額は抑えたい立場にあるからです。

そのため専門用語の多用などで保険会社ペースで交渉を進め、安い示談金で示談成立に持ちこもうとするのが普通です。



保険会社ペースで交渉成立としてしまうと、被害者は大損をしてしまうことになります。


そこで、示談で損をしないためには弁護士のサポートが必須です。

弁護士に相談することで的確なアドバイスがもらえますから精神面に楽ですし、弁護士による示談の代行で金額的にも有利な内容で交渉を進めてもらえます。

それに、被害者が自分で交渉する時の煩わしさから解放されるので、安心して心身の治療に専念することができるという大きなメリットがあります。

マイナビニュース情報探しのヒントをお教え致します。