交通事故に遭ったらてきるだけ早く弁護士の先生に相談

交通事故の示談交渉では、加害者の保険会社対被害者での話し合いになるのが一般的です。
これは、ほとんどの自動車任意保険に交通事故を起こしてしまった時に備え示談交渉代行サービスが付いているからです。

示談交渉ではお互いの過失の割合や損壊額、慰謝料、賠償金額などを決めて交通事故の解決をしますが、事故でけがをしてその治療中であり、また精神的にも大きなダメージを受けている被害者が正しい判断をするのはなかなか困難です。



それは、保険会社は損害賠償のプロですし、支払う賠償金を少なく見積もって提示してくるからです。



被害者に知識がないと、保険会社に言われた通りの内容で示談書にサインをしてしまうことが多くこれでは大変損をしてしまいます。


よって、加害者に保険会社という味方がついているように被害者は弁護士に相談してサポートを受けるのが賢明です。



弁護士の先生が示談交渉を代行すれば、保険会社のペースに巻き込まれることなく被害者にとって有利な内容で解決策を提示してもらえます。弁護士の先生に相談するタイミングですが、交渉が決裂したり感情的になってしまってからサポートを依頼する人が多いのですが交通事故に遭ったらなるべく早めに電話相談などでアドバイスをもらうのが一番です。
それは、早めに弁護士の先生に相談していれば、賠償金額を決定するのに大きく関わる過失割合や慰謝料の金額を左右する後遺障害の認定等級の申請方法についてのアドバイスなどもしてもらえるからです。