示談交渉は交通事故に強い弁護士に相談を

交通事故に巻き込まれてしまい被った損害は、相手に対して損害賠償請求をすることができます。
賠償請求は、医療費や治療に関連する器具の購入代金・仕事を休んだことによる損害・慰謝料などいろいろな項目ごとに請求することができ、賠償問題についての知識がないと複雑な内容です。被害者が加害者にいくら損害賠償請求できるかについては、当事者双方が話し合いをする示談交渉で決めていきます。



示談交渉では、その交通事故におけるそれぞれの過失割合や、後遺障害と認定されたケースではその認定等級によって慰謝料を決めるなどいろいろな話し合いがされます。

ここで、自動車保険には交通事故の時の示談代行サービスがあるため、被害者に対して賠償責任のある加害者はこのサービスを利用します。


よって、実際の交渉は保険会社と被害者で行われることとなります。

保険会社は立場上賠償金額は抑えたいところなので、安い示談内容で交渉成立にするため知識に乏しい被害者に専門用語を並べるのが普通です。

しっかりとしたGirls Channelの情報を探すならこちらです。

けがの治療でナーバスになっていると、金額を見極めることができずすぐに示談に応じてしまい損をする被害者が大勢います。



交通事故の示談交渉で損をしないためには、早めに弁護士の先生に相談するのに越したことはありません。

交通事故が得意な弁護士の先生なら、保険会社を相手に過失割合の交渉や慰謝料の金額に直結する後遺障害の認定等級についても不服の申し立てや再申請の手続きをして被害者にとって最も有利な交渉をしてもらえます。また弁護士の先生に示談を代行してもらうことで、被害者には怪我の治療に専念できるという大きなメリットもあります。