交通事故の示談交渉は弁護士を代理人にして有利に

ほとんどの自動車任意保険には、示談交渉の代行サービスが付いています。
これは、運転中に交通事故を起こしてしまい相手に対して損害賠償責任が生じた場合に保険会社が示談交渉をしてくれるサービスです。
示談交渉というのはその交通事故を解決するために当事者どうしが話し合うことですが、実際には加害者の保険会社と被害との話し合いとなります。大変残念なことに、被害者の多くは交通事故や損害賠償についての十分な知識がないために相手の保険会社のペースで交渉が進められて、安い示談金で交渉成立としている事例がたくさんあります。



保険会社の立場としては損害賠償金は少なく抑えたいところなので、安い金額を提示してきますが、被害者にとってその金額が正当かどうかを見極めるのは難しいものですし、事故後のけがの治療や後遺症で精神的にもナーバスになっていて正しい判断ができず示談に応じてしまうことも少なくありません。
そこで、示談交渉を有利に進めるためには交通事故問題に強い弁護士の先生に味方になってもらうのが何よりです。


弁護士の先生が交渉にあたれば相手の保険会社のペースで交渉が進められることがなくなりますし、安い損害賠償金や慰謝料を提示されれば弁護士の先生が正当な基準で再計算をして金額を提示・交渉してもらえます。
慰謝料や後遺障害の認定等級、休業補償などあらゆる賠償項目において被害者に有利なように交渉を進めていきますので、被害者が自分ひとりで交渉していた時に提示されていた賠償額が何倍にも上がることも珍しくありません。

All Aboutサイトが一番おすすめです。

それに、交渉のわずらわしさから解放されるので怪我の治療やリハビリに専念できるというメリットもあります。